注目記事

バイデン政権下での税務プランニング

2020年11月20日

投票の集計が継続しており、大統領選挙に対する法的論争は続いていますが、多くの報道機関はジョー・バイデン前副大統領が2021年1月20日に第46代アメリカ合衆国大統領に就任すると予想しています。

下院は民主党の支配下にありますが、ジョージア州では2021年1月に上院のランオフ選挙があるため、民主党が上院を支配する確率はやや低くなっています。先日の選挙ではどちらの候補者も州の選挙法で定められた総得票数の50%以上を獲得しなかったため、ランオフ選挙が必要となりました。民主党の2人の候補者が勝てば、上院のパワーバランスは共和党の支配からどちらの党も過半数を持っていない状態へ変化することになります。この場合、上院議員全員が党派に沿って投票すれば(通常は民主党に投票する無所属の上院議員を含む)、法案の可否が決着しない場合にハリス次期副大統領が決定票を投じることで解消されることになります。このタイブレークの可能性は、上院の指導部、政党間の委員会委員の比率、各委員会の指導部を決定することにもなります。

us-state-taxes-practical-guide-inbound-businesses-hero-image

米国の州税 – 米国進出企業のための実務

世界中の企業が直接または米国子会社を通して米国市場に製品やサービスを販売しています。これらの企業は、米国税務を含め全体的なビジネス環境をより理解しようと努力をしていますが、多くの米国進出企業にとって連邦税だけではなく州税の理解を深めることも重要です。

各州は、その管轄州内で課税対象となる事業者に対して、他州とは異なる税法を適用することができます。

米国で事業を行う際にお役に立てれるように、州税と連邦税の関連性や具体的な相違を概説します。

company-accounting-determining-us-corporate-tax

米国法人税: 米国市場進出における注意点

米国は、今なお世界最大の直接投資受け入れ国で、直接投資の大部分は日本、カナダ、オーストラリア及びEU等が占めています。優れたインフラ、法的優遇措置、生産性が高く熟練した労働力、そして各セクターで収益性の高い消費者市場等が、米国を魅力的な投資先にしています。

とはいえ、アメリカの税制度は極めて複雑なことで有名です。米国で事業を行う全ての企業は、広範な税制度によって、何らかの形で課税の対象となります。日本からの進出企業が米国での存在感を高めていますが、米国での連邦、州及び地域で異なる煩雑な税務を把握する必要があります。

ここでは、米国への進出程度を問わず、米国市場へ参入しようとする企業が米国税務に関して陥りがちな落とし穴を回避するための注意事項を概説します。

HLSグローバルグループとHWS GmbH & Co. KGによる ジョイントベンチャー設立に関するお知らせ

2020年7月30日

各位

会社名:Hotta Liesenberg Saito LLP/ HWS GmbH & Co. KG

担当者名:齋藤俊輔

問い合わせ先:info@hls-global.com

 

 

HLSグローバルグループとHWS GmbH & Co. KGによる

ジョイントベンチャー設立に関するお知らせ

Creating New Opportunities for Japanese Companies in Europe through a Partnership Founded on TRUST

ロサンゼルス(アメリカ合衆国)/シュトゥットガルト(ドイツ):Hotta Liesenberg Saito LLP(以下、当社ないしHLSグローバルグループとする)は、シュトゥットガルトを拠点とする会計・税務・ビジネスアドバイザリーファームであるHWS GmbH & Co. KG(以下、HWS社とする)とのジョイントベンチャー(HLS & HWS Europe GmbH)を設立したことをお知らせいたします。HWS社とのパートナーシップを通じて、ドイツないしヨーロッパの日系企業の事業運営、また、ドイツ企業のグローバル事業展開のサポートサービスを拡充してまいります。

CARES Act – Employee Retention Credit及びEmployer Payroll Tax Deferral関連情報

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて米国政府が成立させたCARES Actに含まれる経済救済策の一つであるEmployee Retention Credit(「ERC」ー雇用維持税額控除)についてご案内します。雇用維持を目的として、2020年3月13日から12月31日に払われた従業員の給与に対して税額控除が受けられる制度です。

Coronavirus Aid, Relief, and Economic Security (CARES) Act

2020年3月27日にトランプ大統領によって新型コロナウイルス経済対策法、The Coronavirus Aid, Relief, and Economic Security (CARES) Act が署名されました。
これにより様々な税法改正が法人税務、個人税務、国際税務等の分野で実施されます。
下記ではその法案からいくつかの項目を抜粋しており概要のみを述べるに留めていますので、詳細が必要な場合は当事務所までお問合せください。

新型コロナウイルス対策法 – Families First Coronavirus Response Act (FFCRA)

大統領は新型コロナウイルスの感染拡大による経済的打撃を緩和するために新型コロナウイルス対策法案に署名いたしました。従業員に対しては、有給の家族・医療休暇、病気休暇の支給、雇用主や個人事業主には税額控除が適用される内容となります。同法は雇用主が支払っている各健康保険プランにも影響します。詳細は以下となります。

注目記事

HLSの専門家が定期発信する記事です。日本進出や国際税務、会計、移転価格をはじめ、グローバル・ビジネスに携わる皆様のお役に立つ情報をわかりやすく解説しています。

hls-global-accounting-firm-logohls-map-blue-us-japan-mexico-india-germany

お問い合わせ

会社案内パンフレット

サービスやオフォスのロケーションなどをにつき、わかりやすくご案内していいます。

HLSグローバルをLinkedInでフォロー

Copyright © 2020 Hotta Liesenberg Saito LLP | 免責条項&プライバシーポリシー